FC2ブログ

All archives    Admin

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'10.27 (Sat)

<空き時間歌会>放課後。

10/25の夜、Twitterで突如スタートした空き家歌会さん主催の「空き時間歌会」。
私が提出した歌はこれです。

J 間違っているべきなのか? 俺と君 どちらもということはないのか

この短歌の最大の問題というか、ポイントは、「これで状況が伝わるか」ということ。
正直、それを知りたくて提出したところがなきにしもあらずでした。

結論から言うとこれは男女の諍いの合間の心の声なのですが、それがまずどれほど伝わったか。
これが一番重要な部分。
またその状況を踏まえて細かい部分、ニュアンスをどう読まれたか・・・
このへんは参考に。

TLでいただけた感想・アドバイスをもとに、チェックしていきます。


【More・・・】

以下アドバイスなりご指摘なりを順に挙げてみます。改作例も。


◆「間違っているべき」って何が?
これは、「俺」がです。
主語はっきり入れることも考えたのですが、なんか強すぎる気がして迷いました。
「俺が間違っているのか?」って「本当に間違っているのは君だ」と響きがち。
それと2人が言い争う中で、すこし傷つき、すこし憤り、すこし混乱してしまうって感じを出したくて。

たとえば
<1>間違っているべきなのか?俺だけが? どちらもということはないのか
<1’>間違っているのは俺か? 俺と君 どちらもということはないのか


という案もありますが、良いのか自分ではよくわかりません。
少し非難がましい気がする。主張が強いっていうか、説教くさい。

あるいは男性の視点を横において
<2>どちらかが間違っているべきなのか? どちらもということはないのか

とすることもできそうですが、より観念的で芯がふにゃっとしちゃってる感じがします。

また、この「どちらもということはないのか」には
「どちらも間違っているのではないか」と「どちらも間違ってなんかいないのではないか」
という二つの問いを重ね合わせているので、上記の改作例たちはそこを捨てる結果ですね。


◆「べき」までにひねりがあるが後はさらっと読めてしまう

これは的確かつ難しいご指摘でした。
「間違っているべきなのか」は、ご指摘の通り
「自分が間違っていると思うわけではない」けれども
「自分が間違っていることにすれば丸く収まるのではないか」
「だがそれでいいのか」ということなのですが、下の句は弱いかもしれません。
ニュアンスを残したまま、パワーのある言い回しができたらよいのですが、、、
今現在案は思い浮かばずー。


◆?は必要か?あるいは2つつけるべきでは?

うーん。
改作例は検討不足ですが元の歌に関しては、これは変えることはないかと思われます。
「間違っているべきなのか?」は答えが欲しい問いなのですが、
「どちらもということはないのか」は、一言でいえば失意の呟きです。
そろえた方がいいとかあるのかな?でも、このままがいいなー。


◆なんの話?これを歌としてどう読めというのか?
◆具体の引っ掛かりが乏しいので読みが難しい
◆共感ポイントがほしい
◆ヒント下さい


出た。最大のポイントです。
要するに二人が言い争いをしている場面っていうのが伝わってないんですよね。
どう読もうか迷われたという方が5割ほど。
田中ましろさんからは「間違っているべきなのか?」という言葉に読みを投げ出させない魅力がある、というお言葉をいただいて、めっっっちゃめちゃうれしかったんですけど、だからこそ前提すら伝わらないとすると、もったいないよなあ~~~。
上記で述べた通りあえてぼかした部分ももちろんあるのですが、実際投げ出されちゃってたりするし…。

例えば「ケンカ」「いさかい」などのワード、あるいはその具体的内容をエピソードとして盛り込めば、もう少しわかりやすかったかもしれません。

<3>どちらかが間違っているべきなのか?珈琲の淹れ方ひとつでも

なんか違う歌ですがそれはそれとして、多少ましでしょうか。
でも正直なんかつまんない・・・笑

いっそ会話を入れたりすると言い争いっぽくなるかも。でもいいとこも全部切っちゃいそうでむずかしい。

他方、想像ではなく私の選んだ言葉からすごく読み取って下さった方々もいらっしゃって。
読みの深さに感動しました。
特に飯田彩乃さんと出雲もこみさんのお二人には、「どこからわかったのか」詳しくお伺いしたいくらい。
案外そのポイントをのばしてあげるとよりよい歌になるのかもしれません。

うーーーーん。
少し寝かせてみますが、自分では、元を超えると思える改作例に辿り着けずじまい。

<まとめ>
・自分の思う通りしっかりと表現すること
・どう詠めばどれくらい読み手に届くかを図ること
・その二つが折り合わない場合に交差点まで近づけること
はまだまだ課題。
でもこれすごく悩んで時間かかるのでブログに書くのはそうそうできないわ。笑

でもでもとにかくいろんな意見がいただけて空き時間たのしかった!
空き家さん、参加者のみなさん、読んで下さったみなさん、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
13:52  |  反省会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mizutama239.blog.fc2.com/tb.php/2-f7a03ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。